新着情報

■「子どもの国際交流プレイデー2016」
「牛乳パックワークショップ」:第20回池子フレンドシップデーにて開催

5月14日(土)

プレイリーダー柳澤千恵子・福田護により牛乳リサイクルパックを材料にスクエアボールやマスクを制作した。池子フレンドシップデー内のブースを用いたため、米軍ファミリーも多数参加した。述べ100人。



新着情報

■「子どもの国際交流プレイデー2016」
「森の音楽会」

8月20日(土)

天候が心配されたが、スタート時にはすっかり雨も上がり無事イベントを行うことが出来た。子どもたちは思い思いのパーカションを手にし、三縄先生とその音楽仲間の丁寧なファシリテーションで、「自然の音」を存分に楽しんだ。珍しいスティールパンも関心を呼んだ。小林氏によるダンスもサプライズとして飛び出し、花を添えた。オリンピックとぶつかたためか、米軍ファミリーが少なかったのは残念であった。参加者約30名。



新着情報

■「子どもの国際交流プレイデー2016」
「池子の森でクリスマスリースを作ろう! 紙芝居を楽しもう!」

11月5日(土)

好天に恵まれ、大盛況のイベントとなった。受付後公園内の散策路や緑地を巡り、各自素材集めをした後、子ども遊び広場に集合。最初に篠コーディネーター陣の指導によりリース作りに取り掛かり、提供された素材もあしらい約一時間で思い思いのリースを完成させた。引き続き、塩村氏とその仲間により紙芝居を鑑賞した。エプロンを使ったり、読み聞かせがあったり、いわゆる紙芝居の枠をはみでた趣向が大受けであった。米軍ファミリーも多く総勢100名を超える参加者であった。